永大供養も可能な納骨堂が人気を呼んでいる

レディ

親族にかわって管理

お墓に手を合わせる人

墓石を建てない場合、もしくはお墓の管理ができる親族がいなくなった場合や、お墓の管理が難しくなった場合に京都の永代供養を利用できます。寺や霊園が、親族にかわり遺骨を永年に渡り供養し管理してくれます。単独墓や共同墓、個人墓石安置など様々な方法があるので、納骨方法はよく考えて選ぶ方が良いです。

都会的な埋葬のかたち

男性

永代供養も依頼できる

近年、都市部を中心に普及が進んでいるのが、納骨堂と呼ばれる埋葬施設です。納骨堂は、1つの建物の中に数十、時には百を超える遺骨を共同で安置する設備です。合同墓と異なり、骨壺を納める区画はそれぞれ独立しているのが特徴です。形式はさまざまで、ロッカーのように安置設備が並んでいるものもあれば、通常のお墓のように墓碑が建てられているものもあります。納骨堂はたとえるならお墓のマンションのような存在です。墓地の確保が難しい都市部にあって、遠方の霊園などを利用しなくても遺骨を安置し、お参りするのに便が良いという理由で注目を集めるようになっています。納骨堂が注目されている理由はもう1つあります。それは、多くの施設で永代供養という仕組みを採用していることです。永代供養とは、遺骨を納める時に所定の供養料を支払うことにより、納骨堂の管理者が永代にわたって管理・供養を行ってくれるというものです。通常の墓地だと管理料を毎年支払わないと無縁扱いとなって整理されてしまいますが、永代供養の場合はその心配がありません。施設によっては30年前後で合同墓に移されるケースもありますが、それでも年忌供養や彼岸の法要などは続けてもらえます。こうしたことから、最近では子供のない人が生前自ら納骨堂の権利を購入する事例が少なくありません。また、子供のある家庭を持っていながら、将来にわたって管理の手間をかけさせたくないといった動機から納骨堂を選択する人も増えています。

末長く見守ります

ウーマン

神奈川県にある霊園では定期的に親族が集まったり、気軽に立ち寄る事ができるようにさまざまな工夫がなされています。美しい庭園や集会所を設置したり、宗派を問わず墓を建てる事が可能です。子供や孫に見守られる霊園を選定しましょう。

今後増えてくる

家族

京都にはお寺が多いので、永代供養をしているところもたくさんあります。今後、利用者は増えてくるはずです。お墓の管理ができない人が多くなってくるからです。費用はかかるものの、管理が楽なので永代供養はとても人気です。