永大供養も可能な納骨堂が人気を呼んでいる

お墓

親族にかわって管理

お墓に手を合わせる人

将来の事を考えて

京都には永代供養をしているお寺が沢山あります。永代供養は、お墓を作らない人、お墓の世話をできる子供や親族がいない場合、お墓を管理することが難しくなった場合などに利用できます。寺院や霊園が家族にかわり永年にわたり、遺骨の供養をして管理をしてもらえることを言います。京都の永代供養の相場は大変幅があります。10万円〜150万円程になります。安置の方法も色々あるため料金に幅があります。納骨、安置の方法には大きく4つあります。1つめは、単独墓と言うものです。これは、骨壷を個別に分けて墓石を建て納骨する方法です。一定期間がたつと共同墓に改葬される事が多いです。2つめが、集合墓です。他の人と共同で同じ場所に安置される方法です。骨壺は、個別に安置されるスペースがあります。個々に安置され、大きな石碑や塔が1つ立てられる事が多いです。3つめは、共同墓です。遺骨を他の人と一緒に埋葬する方法です。合碑墓といわれる事もあり費用は安いです。遺骨が最初から他の人と混ざって埋葬されるため、後から改葬することは難しいです。最後が、個人墓石安置という方法です。通常と同じ様に墓石を立てて、墓地を持つことが可能です。親族が個別にお墓参りもできます。お墓の管理をできる人がいなくなったら、お寺が永年に渡り、供養をしてくれます。また京都の永代供養には生前申込もあります。この場合、入会費、年会費、その他費用が必要になります。自分の納得のいく方法を事前に選べるというメリットもあります。京都で永代供養を依頼する場合は、場所や、お寺の宗派、信頼できる所かどうかをよく確認して申し込むことが大事です。